MENU

カミュについて分析。彼の栄光と挫折を詳細に考える。彼は一体何を我々に残したのか?

カミュとは、フランスの劇作家、小説家である。フランスのアルジェリア領出身である。

ヘミングウェイについて分析。

ヘミングウェイについて分析。代表作「老人と海」はどれほど影響を与えたのか?

泉鏡花について分析。人気ゲーム「めいこい」で人気爆発。

宮沢賢治について分析。銀河鉄道の夜、注文の多い料理店はどんな作品なのか?

森鴎外について分析。

太宰治について分析。斜陽、人間失格、走れメロスとはどんな作品なのか?

太宰治は現代でも様々な影響を与えている。特に人間失格は、彼の内面をさらけ出している作品

川端康成について分析。

三四郎について歴史をたどる。

『三四郎』(さんしろう)は、夏目漱石の長編小説である。1908年(明治41年)、「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載[1]。翌年5月に春陽堂から刊行された。『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。全13章。 九州の田舎(福岡県の旧豊前側)か…

それからについて分析する。

『それから』は、夏目漱石の小説。1909年6月27日より10月4日まで、東京朝日新聞・大阪朝日新聞に連載。翌年1月に春陽堂より刊行[1]。『三四郎』(1908年)・『それから』(1909年)・『門』(1910年)によって前期三部作をなす。 定職に就かず、毎月1回、本家にも…

テスト

『こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された[1]。なお、自費出版という形式ではある…

サンプルエントリーを公開。

あのイーハトヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎら光る草の波。 あのイーハトヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎ…