読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

三四郎について歴史をたどる。

英語

f:id:japan-neworder:20160503165536j:plain

三四郎』(さんしろう)は、夏目漱石長編小説である。1908年明治41年)、「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載[1]。翌年5月に春陽堂から刊行された。『それから』『』へと続く前期三部作の一つ。全13章。

九州の田舎(福岡県の旧豊前側)から出てきた小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれている。三四郎や周囲の人々を通じて、当時の日本が批評される側面もある。三人称小説であるが、視点は三四郎に寄り添い、時に三四郎の内面に入る。

 

続きを読む
広告を非表示にする

それからについて分析する。

政治

f:id:japan-neworder:20160707192404j:plain

それから』は、夏目漱石小説1909年6月27日より10月4日まで、東京朝日新聞大阪朝日新聞に連載。翌年1月に春陽堂より刊行[1]。『三四郎』(1908年)・『それから』(1909年)・『』(1910年)によって前期三部作をなす。

定職に就かず、毎月1回、本家にもらいに行く金で裕福な生活を送る長井代助が、友人平岡常次郎の妻である三千代とともに生きる決意をするまでを描く。

作中世界は1909年であり、東京高等商業紛争、『それから』の連載に先立つ『煤煙』の連載、日糖事件などの作品外の事象への言及がある。

1985年森田芳光監督、松田優作主演で映画化されている。

 

続きを読む
広告を非表示にする

テスト

洋楽

f:id:japan-neworder:20160712180949j:plain

 

こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された[1]。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の出版物である[2]

連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された[3]

日本一売り上げている本で2014年の時点で705万500部売り上げている。

続きを読む
広告を非表示にする

サンプルエントリーを公開。

エンタメ

あのイーハトヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎら光る草の波。

あのイーハトヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎら光る草の波。

フォトライフ

広告を非表示にする